SCOLD Level

怒る時、ほめる時、無意識に同じトーンで話しかけていませんか?

犬が言葉を覚えていない状態のとき、内容を理解するポイントは声のトーン」です。

いいこと  →高い声、明るい声

わるいこと →低い声、暗い声、怖い声

これは本能的に理解することができます。

犬にわかりやすいように話しかけてあげることは、

お互いの信頼関係を築くのにとても重要です。

How to

​1. いいことをした時、ハッピーな高い声で話しかける

2. わるいことをした時、出来る限り低い声で大声を出さず叱る

ポイントは、あまり感情的にならないこと。

僕たちは感情の起伏が激しい人がちょっと苦手なの。

声のトーンだけ変えて、怒った気持ちは抑えて

くれると、僕のご主人様ってやっぱすごい!

​て気持ちになるんだ!

​おるすばん

​くらぶ

日本ペットシッターサービス 練馬店

®

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-11

ライオンズステーションプラザ804

petsitter_nerima@orusuban.club

© 2017 by orusuban club
saported by Wix.com

  • LINE__APP_typeA
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon